【1ヵ月で上位表示】中古ドメインとは?1日30万稼げた方法

この記事で解決できる悩み
  • 中古ドメインを使うと稼げるの?
  • 簡単に上位表示できるって本当?
  • 新規ドメインとの違いは?

といった悩みや疑問を解決できる記事です!

実際に私は、2013年12月10日に「comparea76.com」という中古ドメインを71,140円で購入し、本格的に運用し始めて1ヵ月後には「FX」、「FXとは」というビックキーワードで上位表示できました。

1日の売上が30万円以上になり、その後もぐんぐん売上が増加(最終的には1日60万円)し、ウハウハ状態になったのを覚えています。

MEMO

強い中古ドメインを使えば検索で上位表示しやすく、稼ぎやすい

私は累計で300万円以上中古ドメインを買って運用した経験があります。

そんな私が、中古ドメインの「稼ぎ方」を解説します。

中古ドメインの購入履歴

↓ 動画で中古ドメインの活用法を見たい方は下記をどうぞ ↓

この記事の途中で中古ドメインが5%安く買えるクーポンを配っています。

5%割引クーポンが今すぐ欲しい方、おすすめの中古ドメイン販売会社を知りたい方はコチラをクリックしてください。

5%割引クーポン

中古ドメインとは?

中古ドメインとは?

過去に誰かがサイトを運営していたドメインのことを中古ドメインと言います。

運営されていたサイトのドメイン評価や被リンクを引き継げるのでSEO対策で有利です。

ドメインパワーが強い中古ドメインを使うと検索順位が上がりやすくなります

MEMO

中古ドメインは被リンクがある状態なので、新規ドメインよりドメインパワーが強い

他のサイトから自分の運営サイトへのリンク。ドメインパワーの高いサイトからの被リンクが多いと自分のサイトのドメインパワーが高くなる

検索順位の上がりやすさを比較

検索順位の上がりやすさ

中古ドメインは新規ドメインよりドメインパワーが高く、検索順位が上がりやすいです。

極端な例ですが、新規ドメインと企業ドメインや中古ドメインを比べると検索順位の上がり方が10~100倍違うぐらいの差があります。

一度中古ドメイン使うと新規ドメインを使う気にはなれないぐらい、検索順位の上がり方が違います。

中古ドメインを出店に例えると

中古ドメインを出店に例えると

新規ドメインは山奥に出店するのと同じです。

0からスタートなので、ドメインパワー(被リンク)が強くなるまで時間がかかります。

企業ドメインや中古ドメインは人通りが多い場所に出店するのと同じです。

最初から良い状態でスタートできるので、自然と売上が上がります。

MEMO

中古ドメインは人通りが多いメインストリート(検索数が多いキーワード)に店を出すのと同じ効果がある

中古ドメインを飲食店に例えると

中古ドメインを飲食店に例えると

企業ドメインや中古ドメインは既にドメインパワーが強い状態なので、記事数が少なくても検索上位表示ができる場合が多いです。

それに比べて新規ドメインは記事数と被リンク数が増えてやっとドメインパワーが徐々に強くなるので、売上が増えるまで時間とお金がかかります。

MEMO

中古ドメインは居ぬき物件と同じ。すぐに営業ができて短期間で売上が上がりやすい

ドメインパワーの強さとは?中古ドメインが強い理由

ドメインパワーの強さとは?

被リンクの質と数でドメインパワーは決まりますが、特にリンクの質が重要です。

ドメインパワーが強いサイトからリンク(被リンク)をもらっていると自分のサイトのドメインパワーが強くなり、検索順位が上がりやすくなります。

MEMO

中古ドメインは以前に運営していたサイトが受けていた被リンクをそのまま引き継げるので、新規ドメインよりドメインパワーが強くなります。

新規ドメインと中古ドメインの違い

新規ドメイン

  • 過去に使用履歴無し
  • 他のサイトからのリンク(被リンク)がない
  • ドメインパワー0からスタート

中古ドメイン

  • 過去に使用履歴あり
  • 他のサイトからのリンク(被リンク)がある
  • 前のサイトのドメインパワーを引き継ぐ
  • 過去に運営されていたサイトの良い評価も悪い評価も引き継ぐ

新規ドメインはリンクが無い状態なので、ドメインパワーが付くまで時間とお金が相当かかります。

お金目的でサイトを作るなら、圧倒的に中古ドメインが有利です。

より早く売上を上げたいなら、中古ドメインの方が検索で上位表示できるのでおすすめですよ

中古ドメインのメリット・デメリット

メリット

  • 検索順位が上がりやすい
  • 過去に運用されていたサイトの被リンクを活用できる
  • 記事を作った後のインデックスが早い

デメリット

  • 中古ドメインの価格が高い
  • 過去の悪い評価や被リンクを引き継ぐ
  • Googleのペナルティを受ける可能性がある
  • Googleの手動ペナルティを受けやすい

中古ドメインを使うと検索上位表示がしやすく「早く収益化&収益額UPがしやすいです

メリット

中古ドメインのメリット

検索順位が上がりやすい

新規ドメインに比べると圧倒的に検索順位が上がりやすいのが特徴です。

強い中古ドメインを使うと、記事を公開して数日後には上位表示できる場合があります。

注意

強い中古ドメイン、弱い中古ドメインがあるので、中古ドメインごとに検索上位表示のしやすさが違います。

過去に運用されていたサイトの被リンクを活用できる

中古ドメインは過去に運営していたサイトの被リンクを引き継げます。

他のサイトからリンクをもらっているのでドメインパワーが高い状態です。

MEMO

他のサイトからのリンクを引き継いでいるので、中古ドメインは最初からドメインパワーが強い

記事を作った後のインデックスが早い

インデックスとはGoogleの検索エンジンにサイトとしてページがエータベースにのることを言います。

データベースにのらないと検索に表示されないので、インデックスされるスピードは速い方が良いです。

中古ドメインは被リンクがあるので、被リンクをたどったGoogleのクローラー(bot)が回ってきやすく、インデックススピードが早い傾向があります。

MEMO

インデックスされるスピードが速いので、検索順位も早く付きやすい(

デメリット

中古ドメインのデメリット

中古ドメインの価格が高い

中古ドメインは数千円~数百万円までピンキリです。

被リンク数が多く、被リンクのパワーが強いドメインほど基本的に価格は高くなります。

MEMO

一般的に10万円以上の中古ドメインがある程度ドメインパワーが強いのでおすすめです

過去の悪い評価や被リンクを引き継ぐ

以前運営されていたサイトがGoogleから悪い評価やペナルティーを受けていた場合、その悪い評価を引き継いでしまいます。

過去に「違法、スパム、ギャンブル、風俗」が運営されていたサイトは悪い評価がある場合が残っている可能性があるので避けるようにしましょう。

過去に運営されていたサイトは下記のサイトでURLを入力すると見れます。購入する前に必ず確認しましょう。

Googleのペナルティを受ける可能性がある

過剰な被リンクや不自然なリンクがあるとGoogleのペナルティを受ける可能性があります。

自作自演の不正なリンクやコメントスパムなどで得た被リンクがある場合は危険なので購入を割けましょう。

注意

自作自演のリンクやコメントスパムなどの不正な被リンクがある中古ドメインは危険

中古ドメインの選び方

中古ドメインの選び方

中古ドメインの選び方

基本は「DR」が高いものを選ぶ

DRが高い中古ドメインを選ぶ

ドメインパワー(DR:ドメインレーティング)が高いものを選ぶのが重要です。

Ahrefs(エイチレフス)は世界で60万人が導入しているSEO分析ツールで、そこで採用されているのがDRです。

※中古ドメイン販売のリユースドメインだとDRが表示されているので、選びやすいです。

MEMO

DR=ドメインレーティング(ドメインパワー)

政府や教育機関からのリンクが多いものを選ぶ

政府や教育機関からの被リンクが多い中古ドメインがおすすめ

政府機関や教育機関はサイトが閉鎖するリスクが少なく被リンクが減りにくいのが特徴

信頼性や権威性の面から政府機関や教育機関のドメインは評価が高い傾向があります。

MEMO

政府や教育機関などの公的機関からの被リンクは減りにくい

SNSのリンクが多いものを選ばない

SNSのリンクが多い中古ドメインはNG

SNSはアカウントが閉鎖されるケースが多く、被リンクが減るペースが早いです。

被リンクの効果が早く減りやすいので、SNSのリンクが多い中古ドメインは購入しないほうが無難です。

注意

SNSからのリンクが多い中古ドメインは被リンク効果が減りやすいので購入NG

過去にアダルト・ギャンブルで運営されていたものを選ばない

アダルト・ギャンブルで使われていた中古ドメインはNG

アダルト・ギャンブル系のサイトは過去にGoogleのペナルティを受けていた可能性が高いので危険です。

同じようにスパムやフィッシング詐欺などの違法なサイトもNGです。

注意

「アダルト・ギャンブル系、スパムやフィッシング詐欺」で運営されていた中古ドメインはNG

ただし、自身がアダルト・ギャンブルサイトを運営するなら、同ジャンルの中古ドメインを選んでもOKです

中古ドメインの販売所。5%割引クーポンあり!

リユースドメイン中古ドメイン屋さんアクセス中古ドメイン
リユースドメイン中古ドメイン屋さんアクセス中古ドメイン
リースあり
割引クーポン5%
おすすめ
ダウンロード詳細はコチラ詳細はコチラ詳細はコチラ
テーマ比較表

中古ドメインを購入するなら、リユースドメインがおすすめです。

リユースドメインがおすすめの理由
  • 中古ドメインの強さが客観的にわかる。AhrefsというGoogleの次に信頼性が高い分析ツールでDR(ドメインパワー)を分析・評価してる
  • 中古ドメインを安くレンタル(リース)できる

また、5%割引クーポンがあり、中古ドメインをリースできるのはリユースドメインだけ!

リユースドメインで使える5%割引クーポン

2月の割引クーポン:AGNT-KOMAME-dGuh8%Jip

リユースドメインはコチラ

リースだと購入金額の1/10で中古ドメインが使えますよ。

購入する場合は上の割引クーポンを使えば5%割引で買えます。

中古ドメインの購入はコチラ

【無料サービス】プロが代わりに中古ドメインを選んでくれる

リユースドメインで5%割引クーポンを使って中古ドメインを買う方には「無料で特別なサービス」を実施しています。(6万円以上の中古ドメインを買う方が対象)

無料サービス内容
  • あなたの代わりに中古ドメインをプロの私が選びます
  • 301リダイレクトの設定を無料で代行します。
  • その他、中古ドメインの相談に無料でのります
リユースドメインで使える5%割引クーポン

1月の割引クーポン:AGNT-KOMAME-Wd#16&g0o

リユースドメインはコチラ

中古ドメインの活用法

中古ドメインの活用法

中古ドメインの活用法は大きく3つに分かれます。

上記の3つから1つを選んで運用します。

①中古ドメインで新サイトの立ち上げ

中古ドメインで震災を作成

中古ドメインに記事を作成し1からサイトを立ち上げます。

一般的な活用法で、ドメインパワーを引き継いだ状態でサイト運営ができます。

②既存のサイトの記事を中古ドメインに移管する場合

既存の記事を中古ドメインに移管

既に運営中のサイトの記事を中古ドメインに移動させて運営する方法です。

中古ドメインのドメインパワーを利用することで検索順位UPを目指します。

中古ドメインに記事を移管するだけで、検索順位が大幅にUPすることはよくあります。

③301リダイレクトで既存サイトにドメインパワーを移す方法

中古ドメインのドメインパワーを新しいドメインに移管する

中古ドメインから301リダイレクトを新規ドメインにするとドメインパワーを移動できます。

家の引っ越しの転送届と同じで、301リダイレクトをするとドメインが引っ越しした扱いになります。

MEMO

301リダイレクトはドメインの引っ越し扱い。ドメインパワーを違うサイトに移動できる

新規ドメインがペナルティを受けても元の中古ドメインはペナルティを受けないので中古ドメインを何度も活用でき、一番おすすめの運用方法です。

中古ドメインのリスクと対策

中古ドメインのリスクと対策

中古ドメインを使うと検索で上位表示がしやすくなる半面、Googleのペナルティーを受ける可能性が高まるので注意が必要です。

中古ドメインを使って1ヵ月ほどで1日の売上が30万円になったことがあります。でも、1週間後Googleの手動ペナルティを食らい検索圏外へ。そして売上が0円に…。

あの頃は適当な記事を書いていたので、ペナルティを防げませんでした…。

Googleのペナルティー対策
  • 高品質の記事を作る
  • 他のサイトにはない「独自内容」を掲載する
  • Googleの否認ツールでスパムリンクを除外する
テキストファイルで否認するページ(URL)やドメインのリストを作る

否認ツールの概要はコチラ

否認リストの例

否認するページ が2 件の場合

http://example.com/spam.html
http://example.com/spam-links.html

ドメインごと否認する場合(1 件)

domain:example.com

ドメイン単位で否認した方が、手間が少なくなるので楽ですよ ^^

否認リストをアップロードする

リンクの否認ツールのページにアクセスし、作ったファイルをUPロードすれば完了です。

Googleのリンク否認ツール

中古ドメインの裏技

中古ドメインの裏技

購入した強い中古ドメインでメインサイト構築し、そこに別途購入した複数の中古ドメインから301リダイレクトをして、ドメインパワーの強化をしていきます。

メインサイトに複数の中古ドメインのパワーが集中するのでドメインパワーがメチャクチャ強くなります。

サイトの転送設定のことを言います。例えばAからBというドメインに引っ越した場合などに使います。

ドメインの引っ越しなどに使い、ドメインパワーを別のサイトに移動することができます。

複数の中古ドメインのパワーを1つに集めてドメインパワーが強く手順は下記の通りです。

メインサイト用の中古ドメインを購入

ドメインパワーが強い中古ドメインを購入し、そこで記事を作成

複数の中古ドメインを購入

購入した中古ドメインを順次301リダイレクトをメイン際にしていく

15~30日間をあけて、購入した中古ドメインからメインサイトに301リダイレクトをする

ドメインが強くなり、検索で記事が上位表示されやすくなる

中古ドメイン まとめ

まとめ
  • 中古ドメインは検索順位が上がりやすい
  • ドメインパワーが高い(良い被リンクがある)ドメインは価格が高い
  • 中古ドメインはGoogleのペナルティを受けやすい
  • 政府や公共機関、教育機関などから被リンクをもらっている中古ドメインがおすすめ
  • 基本はDR(ドメインパワー)が高いものを選ぶ
  • 301リダイレクトで中古ドメインのドメインパワーを違うドメインに移動できる

中古ドメインを使えば、新規のドメインを二度と使う気になれないぐらい中古ドメインはSEOで有利です。

しかしその分、リスクもあるので慎重に中古ドメインを選んで運用しましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました m(_ _)m

5%割引で買えるクーポンは下記の通りです。

中古ドメインを上手く活用して、売上をUPしてくださいね。

リユースドメインで使える5%割引クーポン

1月の割引クーポン:AGNT-KOMAME-Wd#16&g0o

リユースドメインはコチラ